麗 花萌ゆる8人の皇子たち 19話・20話(最終話) あらすじと感想 / ワン・ウォン(第9皇子)

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全20話

ネタバレ注意

第19話 あらすじ

ヘ・スはチェリョンの死に衝撃を受ける。光宗がチェリョンを拷問するように命じたと知ったヘ・スは光宗に反発を覚える。光宗はチェリョンがヘ・スをだましたから拷問したと正当性を主張したが、ヘ・スを説得するには及ばなかった。

一方、野心でいっぱいのヨンファは光宗の提案を受け入れる。その内容は第8皇子ワン・ウクを捨てればヨンファの息子を正胤にするというものだった。

ヘ・スはチェ・ジモンに、チェリョンの家族に遺品を渡してほしいと頼む。第9皇子ワン・ウォンにチェリョンの死を伝えるが、あまりにも平然とした態度にヘ・スは怒ってしまう。光宗はヘ・スに皇宮で冊封すると言うが、ヘ・スはその必要はないという。
こうしてヘ・スと光宗の関係は徐々に溝が深まっていき……。

http://www.kntv.co.jp/story/p0720/story19.php

感想

quetalsurinoさん

チェリョンの死はヘ・スと4皇子の気持ちのすれ違いの原因になります。1話から明るくヘ・スを支えていたチェリョンがどのような存在だったのかが分かるような気がします。皇后になったヨンファは家族や8皇子を捨ててまで必ず皇太后になると自分に誓います。4皇子とヨンファの間に生まれた長男に皇位を継がせるとの4皇子の条件通り、ヨンファは8皇子やファンボ家を捨てます。権力のためにすべてを捨てる彼女の徹底ぶりが最後までぶれることないキャラクターとして、嫌いではなかったです。

19話で最も悲しい出来事は後百済の最後の王女のウヒの自殺です。彼女は身分を隠したまま13皇子と結婚する予定でしたが、後百済の人々や自分の出身が原因で危機に立たされた13皇子ぺクアのために死を選びます。後百済の最後の王女としての役目を最後まで忘れることができなかったようです。彼女の死を悲しむ13皇子は結局4皇子のもとを離れます。4皇子に残されたのはヘ・スだけになります。

ヘ・スは皇宮から出ることを決心し、14皇子に「望みます。切実に」と伝え14皇子に助けを申し出ます。14皇子は彼女の自由を願って、皇帝になった3皇子から結婚の許しをもらっていました。彼がヘ・スに伝えた皇宮から出られる方法とは14皇子との結婚のことだったようです。そばに残ったのがヘ・スしかいない4皇子は反対しますが、ヘ・スは皇宮から自由の身になります。これまでいつも一足遅かった8皇子がヘ・スの気持ちを知り、二人が過去婚姻を約束するほどの仲だったことを4皇子に知らせたことで、4皇子はヘ・スと8皇子の関係を知ることになり、傷ついた4皇子がヘ・スを手放すことになります。

4皇子の悲しむ姿を最後に19話が終わります。残すところ1話で最終回です。4皇子とヘ・スはお互いへの気持ちを断ち切ったまま別れてしまうのでしょうか。決して4皇子が嫌いになったから離れたわけではないヘ・スの気持ちに4皇子は気づいてくれるのでしょうか。中国ドラマの「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」の結末を知っているため、「麗」の最終回ではどのような展開がされるかが楽しみです。

主要キャラクター:ウヒ、13皇子、14皇子、4皇子、9皇子、8皇子

続きを読む 麗 花萌ゆる8人の皇子たち 19話・20話(最終話) あらすじと感想 / ワン・ウォン(第9皇子)

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 17話・18話 あらすじと感想 / チェリョン

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全20話

第17話 あらすじ

皇帝になると決心した第4皇子ワン・ソ。そんな彼の固い決心にヘ・スは皇帝になると言い、その代わりに決して兄弟を殺さないでほしいと頼む。徐々に弱まっていく定宗に皇太后ユ氏は、ソが反乱を起こしたと言いながら早く第14皇子ワン・ジョンに禅位すると書けと迫る。

そんな母の言葉に定宗は傷つき、ユ氏を追い出してしまう。皇后ファンボ氏はヨンファに皇宮の主人になりたければ何かを諦めなければならないと言い、選択を迫る。ヨンファは天下を欲しがっていると言うと、ファンボ氏は第8皇子ワン・ウクを捨てると宣言する。

ヨンファは反乱を起こしたワン・ソの無血入城に協力すると言う。定宗はヘ・スの前で皇位を誰に譲るか書きながら心臓麻痺で死んでしまう。そこへちょうどソが入ってくるが、何が書いてあるか見ていないというヘ・スの言葉を聞いて、紙を破いてしまう。

http://www.kntv.co.jp/story/p0720/story17.php

主要キャラクター:4皇子、13皇子、3皇子、パク・スギョン、8皇子

第17話 感想

quetalsurinoさん

へ・スがこれまで見てきた未来の通り、4皇子は歴史上最も残酷な第4皇帝の「クァンジョン」になります。皇帝になったものの10皇子の死を苦しんだ様子の3皇子は心臓発作で死にます。権力を維持するために14皇子に皇位を譲渡するよう迫る皇后ユ氏や、8皇子への期待を捨てヨンファにファンボ家の未来を託す皇后ファンボ氏の様子が描かれます。皇后ファンボ氏は変わり果てた8皇子のためを思っての決断だったのか、密かに時が訪れることを待っていたのか、謎が残りますが、8皇子は皇位争いから遠ざかることになります。権力への欲望が誰よりも高かったヨンファは、皇后になるために動き出します。

3皇子は死ぬ前に遺書のようなものを残していますが、4皇子により破棄されました。そこには皇位を譲渡する相手が書かれていたようですが、誰の名前が書かれていたのかが疑問として残りました。3皇子が4皇子に皇位を譲渡して死んだと、へ・スが証言したことから4皇子がついに皇帝になります。結果的にへ・スが恐れていたクァンジョンを自らの手で即位させた結果になります。へ・スは4皇子が消して歴史に刻まれたような「血の君主」にはさせないと心に決めますが、歴史は変わるのでしょうか。

皇帝になることに否定的だったへ・スの気持ちが変わったのは、4皇子と一緒にいたいと願ったからだと思いますが、彼は本当に皇帝になる運命だったのでしょうか。彼はなるべくしてなった皇帝だったのでしょうか。8皇子が抱いた疑問を同じように持ってしまいました。8皇子の間違った選択の結果だとは思いますが、彼とへ・スの過去がフラッシュバックした時の優しい8皇子の微笑みを、しばらく忘れていたような気がします。

少年から青年になり、大将軍にまでなった14皇子は4皇子の王位継承の正当性を疑います。これまであった王位継承問題を複雑にしたのは4皇子だと考えているようです。へ・スが幸せになってほしいと願う彼の気持ちがすごく伝わりました。14皇子はへ・スが皇宮から本気で出たいと希望するなら彼にそれを叶える方法があると言いますが、その方法とはどんなことなのでしょう。

体に傷のある女性と皇帝の婚姻は許されないことから、ヨンファと4皇子の婚姻が決まります。へ・スは結局、4皇子と結婚することができないようです。。。

続きを読む 麗 花萌ゆる8人の皇子たち 17話・18話 あらすじと感想 / チェリョン

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 15話・16話 あらすじと感想 / パク・スンドク パク・スギョン 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全20話

第15話 あらすじ

第3皇子ワン・ヨが現れて恵宗を殺し、皇帝の座を奪う。第4皇子ワン・ソが怒るが、死んだ恵宗かヘ・スかを選べと脅迫されると、ソはヨを皇帝として認めてひざまずく。自分のせいでソがひざまずいたと胸を痛め、自分を責めるヘ・ス。

そんなヘ・スが危険にさらされるかとソはヘ・スを連れ出そうとするが、皇軍を引き連れた第9皇子ワン・ウォンに止められてしまう。ヘ・スが茶美院から出ないようにせよとヨが命じたと言うのだ。

一方、ヨは第10皇子ワン・ウンとその親族の皆殺しを計画する。ウンの外祖父ワン・ギュの乱でシナリオを書いたヨと第8皇子ワン・ウク。
謀反が失敗に終わるとウンとその家族を反逆罪で処刑するようにシナリオを書いたものだった。ウクと権力者ヨが手を結び、高麗は完全に2人の手中に収まる。

http://www.kntv.co.jp/story/p0720/story15.php

第15話 感想

quetalsurinoさん

3皇子はヘジョンを殺害し、ヘ・スなのか亡くなった1皇子なのかを4皇子に選ばせるところから15話は始まりますが、3皇子はやはり恐ろしい人物でした。4皇子の弱点がヘ・スと知り利用する3皇子ですが、すべての助言は8皇子がしていたようです。3皇子のワン・ヨが皇帝になったことにより悲劇は始まります。3皇子の起こした反乱は成功したため皇帝になりますが、別の誰かに反乱の罪を問う必要があり、ターゲットにされたのは政治と全く関係のない10皇子でした。10皇子とスンドクは無事に逃げ、ヘ・スのいる茶美園で身を隠すことになります。ヘ・スや14皇子が二人を逃がすために努力しますが、彼らの居場所を知った3皇子の命令で二人は捕まる危機をむかえます。

初恋のヘ・スが忘れられない10皇子と、そんな10皇子を好きなスンドクの関係が面白く描かれていたので、二人の今後がすごく気になります。ヘ・スがみた未来のように10皇子とスンドクは4皇子により殺されるのでしょうか。スンドクと10皇子が初めて出会う場面や、スンドクが10皇子に恋をした理由などが分かり、先を知るのが不安になります。

14話で殺害された1皇子ですが、誰が彼のお風呂に水銀を入れていたのでしょうか。9皇子とチェリョンの会話を振り返ると、チェリョン以外で考えられる人物が思い浮かびません。すべてを計画したのは8皇子のようです。8皇子はどうしてここまで変わってしまったのでしょうか。

16話ではいよいよヘ・スがた10皇子の死とクァンジョンの秘密が明かされるようです。やはり10皇子は4皇子により殺されるのでしょうか。これからの展開から目が離せません。

続きを読む 麗 花萌ゆる8人の皇子たち 15話・16話 あらすじと感想 / パク・スンドク パク・スギョン 

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 13話・14話 あらすじと感想 / ウヒ ワン・ム(1皇太子)

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全20話

第13話 あらすじ

皇宮で宴が行われる中、後百済の王女ウヒが太祖ワン・ゴンを攻撃しようと刀を振りかざして迫るが、第13皇子ペクアが止めに入って失敗してしまう。その瞬間、太祖は意識が遠のき椅子から崩れ落ちる。人々が太祖に注目していたため、ウヒがペクアを刺したことに気づいた者はいなかった。それを知ったペクアは素早く刀を隠すとウヒに早く逃げるように促す。昏睡状態で天徳殿に運ばれた太祖は、チェ・ジモンとパク・スギョンの前で正胤と第4皇子を頼むと言葉を残すと再び意識を失ってしまう。

太祖が倒れたことが事実か否かを確かめに来た第3皇子ヨと第8皇子ウク、第9皇子ウォン。ところがパク・スギョンと兵士が取り囲み、王命がないかぎり中には入れないと言う。
ワン・ヨは太祖に万が一のことがあった時に遺言をすり替えないようにするためだと言うが、パク・スギョンはすり替えるために来たのではないかと牽制する。

http://www.kntv.co.jp/story/p0720/story13.php

第13話 感想

quetalsurinoさん

ヘ・スを巡って対立していた4皇子と8皇子は本格的に皇帝の座を巡って対立することになります。ウヒが皇帝を暗殺する予定の夜、皇帝は倒れます。ウヒの計画に気づいた13皇子は彼女を止めますが、他の誰にも気づかれなかったため、ウヒを逃がすことになります。13皇子はウヒが後百済の最後の王女で家族全員が父の太祖によって殺害された復讐のために暗殺を計画しことを知り悲しみます。お互いの正体を知らず惹かれ合った二人なので、今後二人の関係がどう発展していくのでしょうか。後百済の最後の王女ウヒとして立場を捨てて、13皇子と幸せになることはあるのでしょうか。13話では二人で過ごす最後の夜になると言い、13皇子がウヒにキスするシーンがありますが、これが二人の最後にならないことを祈ります。

3皇子と共に反乱を企んだように見えた8皇子ですが、1皇子が無事松岳(松岳(ソンハク))に到着、8皇子が3皇子を裏切ることになりのですが、彼の裏切りが以外でした。太祖の死後、予定通り1皇子が第2代皇帝の「ヘジョン」に即位します。8皇子はうまく危機を乗り越えましたが、3皇子は皇子たちに追い込まれ、4皇子とのたたかいの後崖から転落死します。

これまでどんな困難でも変わらなかったヘ・スと8皇子の気持ちがすれ違うようになります。皇帝の座よりもヘ・スの気持ちが大事と思う4皇子とは対照的に、8皇子の皇帝への野望を知りヘ・スは戸惑います。ヘ・スとのことが8皇子を変えてしまったのか、8皇子にあった皇帝への野望が抑えきれなくなったのかが、明確に表現されないのは彼自身にも戸惑いがあるからでしょうか。これまでは皇宮でのロマンス的な要素が比較的に多く描かれていましたが、13話からは皇子たちの政治的な企みや野望などが描かれこれまでになく緊張感あふれる歴史ドラマ独特の面白さを味わうことができました。

13皇子(ナム・ジュヒョク)は「ウェイトリフト妖精キム・ボクジュ」、「チーズインザートラップ」、「華麗なる誘惑」、「ゆれながら咲く花~学校2013」などに出演しており、モデルとしても活躍中の、今後が期待される若手俳優です。

主要キャラクター:ウヒ、13皇子、太祖、3皇子

続きを読む 麗 花萌ゆる8人の皇子たち 13話・14話 あらすじと感想 / ウヒ ワン・ム(1皇太子)

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 11話・12話 あらすじと感想 / オ尚宮 ワン・ウク(13皇子)

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全20話

第11話 あらすじ

重陽節の宴で正胤に毒入りの杯で飲ませる計画を知っていた第4皇子ワン・ソは、正胤とヘ・スのために毒入りの茶碗で代わりに茶を飲む。毒が回り次第に意識が遠のいていくワン・ソは最後の力を振り絞って宴の場を出た。血を吐きながら倒れるワン・ソに気づいたヘ・スは駆け寄って助けを求める。

一方、ファンボ・ヨンファは太祖ワン・ゴンに頼みがあるといい、茶を3杯飲み干した後に頼みを話すと言うと、正胤の茶を飲み干した。ヨンファの頼みは第8皇子ワン・ウクの再婚だった。ところがワン・ゴンが快諾するとヨンファは倒れてしまった。それを見た皇后ユ氏は毒だと叫び、先手を打つ。
先に席を立ったワン・ソが心配になった皇子たちは、すぐさま捜しに出かける。するとヘ・スに介抱されながら瀕死のワン・ソを発見する。そこで第9皇子ウォンが茶を持ってきたヘ・スを犯人だと見立てて皇子殺害の容疑で捕らえさせる。

http://www.kntv.co.jp/story/p0720/story11.php

第11話 感想

quetalsurinoさん

オ・サングンの死が切なく悲しい涙なしでは観られない11話でした。ヘ・スを助けるために毒入りのお茶を飲み計画を隠そうとする4皇子と、飲んだふりまでして毒殺事件を知らせ、お茶を運んできたヘ・スは犯人として拘束され、絞殺の刑を受けることになるとは、意外な展開です。誰も彼女の無罪を晴らせず、オ・サングンは自らの命と引き換えにヘ・スを助けます。オ・サングンと皇后ユ氏との過去の因縁なども分かり、ヘ・スを思うオ・サングンの気持ちが切なく描かれています。

ヘ・スは8皇子を待ち続けますが、彼女のそばにいたのは4皇子でした。毒殺事件が皇后ユ氏とかかわりがあることを知り、8皇子はその証拠をつかもうとしますが、意外にも事件の背後にいたのは妹のヨンファでした。そのことを知り8皇子は妹とファンボ家のためにヘ・スをあきらめることになります。これまで8皇子とヘ・スを応援してきたので、彼にはがっかりする気持ちです。

ヘ・スの代わりに毒殺事件を企んだとして絞殺刑になったオ・サングンを助けるために、ヘ・スは石膏大罪(許しが出るまでひざまつくこと)をすることになります。雨の中傷ついた体で許しを求める彼女の傘になって経ってくれる4皇子。帝王の怒りをかうことを知りながらも彼女のそばにいる4皇子がカッコよすぎです。このシーンは中国ドラマ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)でも登場して、大好きだったシーンの一つです。韓国の時代劇を観ると、よく出る場面ですが、高麗時代でもあった習慣なのでしょうか。彼女はや皇子たちの願いは叶わず、オ・サングンは死にます。今までで一番悲しい話でした。

主要キャラクター:4皇子、王女ヨンファ、オ・サングン(女官)、8皇子

続きを読む 麗 花萌ゆる8人の皇子たち 11話・12話 あらすじと感想 / オ尚宮 ワン・ウク(13皇子)