花郎(ファラン):ザ・ビギニング 3話 あらすじ 感想 ZE:A パク・ヒョンシク(サムメクジョン役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

花郎(ファラン):ザ・ビギニング 화랑: 더 비기닝 全20話

第3話 視聴率 13.1%

marikoさん

第3話 あらすじ

アロに驚くムミョンの隙をついて、サムメクジュンは攻撃してくる。ムミョンは腕を切られ、サムメクジュンはブレスレットを落として逃げるのだった。そのブレスレットは他でもない、王の印がついたもの。サムメクジュンは、自分が王だと証明するものが無くなってしまう。

アロは駄賃稼ぎのため、貴族の息子たちの私生活を探っていた。アロはウィファ公に調査結果を報告し、ウィファ公はアロがアンジ公の娘だと聞いて興味を抱くのだった。

アンジ公の家に帰宅した、ムミョン。ムミョンを案じるアンジ公は、「誰かに名を聞かれたら、ソヌだと答えろ」と言う。ムミョンはその言葉に反発するが、「自分の息子として、ここに残れ。それがソヌの意志のはずだ」と言うアンジ公に、仕方なくマンムンのふりをすることにする。しかしアロは、どうしてもムミョンが兄だと信じることができないのだった。

そのころ王室では、臣下たちが花郎制度に激しく反対していた。ウィファ公は、パルリュとスホに手紙を出し、おびき出そうとする。手紙を読んで、すっかり騙されているスホとパルリュ。

数日後、ジソ皇后が王の誕生日に王京を行列する日がやって来た。しかし王が乗っていない空の御輿は、異様な光景でしかない。

一方、隠れない生活を決意したサムメクジュンは、身分を偽って花郎になろうとする。ウィファ公から動機を聞かれたサムメクジュンは、「皇后を引きずり出したい」と答える。しかしウィファ公は、「お前のようなやつを入れるわけにはいかない。私は新羅を滅ぼそうとしているのではなく、変えようとしているのだ」とはねつける。

その頃、ムミョンはマンムンを殺した犯人を探すため、街に出ていた。ムミョンは、皇后の行列の中に犯人を見つける。興奮したムミョンは刀を振り回すが、あっけなく捕えられてしまう。ムミョンの首が切られようとしたその瞬間!ムミョンの後を追っていたアンジ公が叫ぶ。アンジ公を見て、激しく動揺するジソ皇后。

ムミョンは牢屋に入れられたが、アンジ公の安否は不明のままだ。牢屋にいるムミョンに、ジソ皇后は「父と妹の運命は、お前次第だ」と告げて去っていくのだった。

アロは父を心配して、王宮の前に立ちつくしていた。しかし、門から出て来たのはムミョン。「お父さんはどこ?」と聞くアロだが、ムミョンは答えぬまま気絶してしまい…。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話感想

ジソ皇后とアンジ公は、過去に縁があったようです。ジソ皇后がアンジ公に「私を連れて行って」と言っていた回想シーンがあったので、ジソ皇后がアンジ公のことを好きだったのではないでしょうか?ウィファ公もアンジ公を知っているようだし、ジソ皇后とアンジ公の関係が気になります。ジソ皇后はムミョンをどのように利用しようとするのでしょうか?

さて今回は、花郎候補を調査したアロから、王室の権力争いの説明がありました。パルリュの父は反皇后派、スホの父は親皇后派、ヨウル(チョ・ユヌ)の父は中道派だそうです。パルリュとスホの父が対立関係なので息子たちも仲が悪いみたいですが、頭を使うパルリュと肉体派のスホの戦いを見ているとまさに犬猿の仲で、面白いです(笑)

また、ハンソンの兄、タンセ(キム・ヒョンジュン)も今回初めて出てきました。いつも何かに夢中になってしまうハンソンを心配する兄、タンセ。ハンソンとは異母兄弟なので、タンセはハンソンより身分が低いらしいですが…。なんだか複雑です…。

 

ZE:A パク・ヒョンシク(박형식) サムメクジョン役
 2016y12m21d_140822154
出典:花郎(ファラン):ザ・ビギニング 화랑: 더 비기닝 公式サイト
生年月日: 1991年11月16日 身長:185cm 体重:65kg AB型
ZE:A 韓国の9人組の男性アイドルグループ。担当:メインボーカル。2011年には、BSジャパンの『MADE IN BS JAPAN』において初めて日本でのレギュラー番組に出演

花郎(ファラン):ザ・ビギニング 4話 あらすじ 感想 SHINee ミンホ

花郎(ファラン):ザ・ビギニング あらすじ 視聴率 キャスト 感想  話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

NEW
現在、新サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 に記事を移行中です。キムナムギル主演の名不虚伝などは新しい作品は新サイトにて掲載中です。しばらく韓国ドラマ時代劇ランキングは運営しますが、ブックマークやお気に入りなどは「韓国ドラマ時代劇 あら感」の方を追加して頂ければ幸いです。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。