花郎(ファラン):ザ・ビギニング 10話 あらすじ 感想 キム・ヒョンジュン (タンセ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

花郎(ファラン):ザ・ビギニング 화랑: 더 비기닝 全20話

第10話 視聴率 8.3%

marikoさん

第10話 あらすじ

楽器を壊したのは、花郎になれなかった徒郎カンソンだった。しかし公演は楽器を使わずに成功を収め、パク・ヨンシルは腹を立てて会場を去る。

ジソ皇后の護衛は、アロを袋に入れて連れ去っていた。アロの危機を知ったサムメクジョンは、護衛を追いかける。ジソ皇后は、アロに「王を見たのか」と質問する。王の顔を見た者は殺されると知っていながら、正直に答えるしかないアロ。護衛の刀が降り降ろされようとしたその瞬間!サムメクジョンが助けに来る。怒り狂うジソ皇后に、サムメクジョンは「自分が王だ」と言い放つのだった。

帰って来たサムメクジョンとアロを見つけ、駆け寄るソヌ。アロはソヌを無視して立ち去ろうとするが、ソヌは無理矢理アロの手を引き、ある場所に連れて行くのだった。着いたのは、マンムンの墓。ソヌは「お前の兄じゃなくて、俺が生きていてすまない」と詫びる。アロは依然として「あなたを兄とは認めない」と言うが、ソヌは「お前が嫌でも関係ない。お前を守ることが俺が生きる唯一の理由だ。だからお前の傍にいるために兄でいる」と答える。ソヌの決意に、何も言えなくなってしまうアロ。

その後、アンジ公の元にジソ皇后の兄、フィギョン公が訪ねて来る。フィギョン公は、ジソがアロを狙っていることをアンジ公に知らせるのだった…。

仙門では、徒郎のリーダーである徒頭が集まっていた。なんとその中には、サムメクジョンの部下パオの姿が。それぞれの花郎に1人の徒頭が付くことになるが、もちろんサムメクジョンの徒頭はパオ。ソヌの徒頭はタンセになる。タンセはハンソンの兄だ。パルリュの徒頭は、パルリュに恨みを持つカンソン。パク・ヨンシルの命だという。

ソヌは、次の課題のために馬から矢を射る練習をしていた。それを陰から見守るアロ。ソヌは乗馬中に持病の失神が発症し、落馬してしまう。ソヌが死んだと勘違いしたアロは、ソヌに人工呼吸器をする。そして「お兄さんがお兄さんじゃなくて良かった、という言葉も伝えられてないのに」と自分の素直な気持ちを告白するのだった。泣きながらソヌにすがるアロに、起き上がったソヌは、口づけをして…。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話感想

ソヌがアロに口づけをしたのは意外でした!!アンジ公は、ソヌにアロの本当の兄でいて欲しいと願っているようですが…。2人の関係は許されるのでしょうか!?

そしてやっと、パルリュとスヨンの事件を思い出したスホ(笑) パルリュがスヨンをかばってくれていると知って手出しできないばかりか、2度も妹に頭を殴られて気の毒なスホ。なんだかんだ言いながら、あっけらかんとしたスホの性格の良さが分かります。

今回はなんといっても花郎の部下、徒頭の登場が見どころでした!ソヌの徒頭になることを選択したタンセ。ハンソンは兄が自分を選んでくれなかったことを寂しがりながらも、ソヌが良い人だから安心だと言います。タンセも性格が良さそうなので、ソヌと良いコンビになるでしょうね!パルリュに恨みを持つカンソンを徒頭として送ったパク・ヨンシル。本当に悪賢くて腹が立ちます。パルリュの苦労がますます増えるのは間違いなしですね。。。

キム・ヒョンジュン 김현준  タンセ(단세)役
2017y01m18d_111843973
出典:http://www.siminilbo.co.kr/
キム・ヒョンジュン 김현준 公式サイト
生年月日1991年4月19日 俳優、モデル
想像ネコ (2015年)パク・ジンソン 人気ネットマンガ家
ホグの愛(2015年、tvN) ノ・ギョンウ ドヒの後輩水泳選手

花郎(ファラン):ザ・ビギニング 11話 あらすじ 感想チェ・ウォニョン チェ・ウォニョン

花郎(ファラン):ザ・ビギニング あらすじ 視聴率 キャスト 感想  話数一覧

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

NEW
現在、新サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 に記事を移行中です。キムナムギル主演の名不虚伝などは新しい作品は新サイトにて掲載中です。しばらく韓国ドラマ時代劇ランキングは運営しますが、ブックマークやお気に入りなどは「韓国ドラマ時代劇 あら感」の方を追加して頂ければ幸いです。 
 

「花郎(ファラン):ザ・ビギニング 10話 あらすじ 感想 キム・ヒョンジュン (タンセ役)」への6件のフィードバック

  1. 初めまして
    SHINeeのミノくんのファンで、応援ブログを書いているせいかと申します
    「花郎」の動画をお借りして毎回ブログにアップしているのですが、韓国語の解らない私はドラマの内容を皆さんにお伝えするのに、ネット記事を自動翻訳にかけたりして四苦八苦していました
    ある時、検索でこちらのサイトを知り、それ以来、marikoさんが訳されたあらすじと、こちらのURLをブログで紹介させていただいています
    お話しの流れが解るだけで、よりドラマを楽しむことができ、とてもありがたく思っていたので、一度きちんとご挨拶をと思いコメントさせていただきました
    本来なら、ブログで紹介する前にこちらにお断りをしなければならないものを、今さらで大変申し訳ありません
    そして、いつも本当にありがとうございます
    あらすじ、感想、ともに楽しく読ませていただき、とても感謝しています

    最終回まで引き続きあらすじをお借りしたいと願っているのですが、もし、他ブログであらすじを紹介されるのは困るということでしたら、遠慮なくお知らせくださいませ
    突然のコメントで大変失礼致しました

    1. 【当サイトの管理人より】
      はじめまして せいかさま 
      当サイトをご覧頂きありがとうございます。またサイトの紹介、あらすじの紹介有難うございます。
      あらすじの紹介の件ですが、紹介頂き感謝また大変うれしいのですが、今後は引用での紹介して頂ければと思います。
      引用とは
      この記事ですと 878文字 ですので、前文の200文字程度。もしくは大事な部分だけまとめて200文字程度。
      「全文はこちら→当サイトリンク」みたいな感じです。
      また、引用はBlockquote(b-quote)で文をくくります。文を選択してボタンを押すだけなので手間もかかりません。
      やり方は「アメブロ 引用」の検索で簡単にみつかると思います。
      表示が少し変わるので、読み手も通常の文と違うのが(引用文)と分かります。また、200文字程度で記載しきちんとリンク付けしていれば、
      グーグルも引用と認識しますので評価も下がりません。
      800文字もそのまま貼り付けるとコピーコンテンツと認識される可能性もありますので、(せいかさまのサイト評価が下がる可能性)
      引用で記載して頂ければと思います。

      また、この「花郎」のあらすじと感想はmarikoさんに全話にお願いしております。当サイトを見ればわかると思いますが、当サイトは
      いろいろな人が記事を書いています。marikoさんは時代劇にあまり詳しくないとのことだったのですが、SHINeeの大ファンだったことと
      韓国の音楽、アイドル、アーティスト等に詳しかった為、こちらからお願い致しました。

      marikoさんに書いて頂いたのは他にもたくさんありますが、SHINeeの出演作品で全話書いて頂いたものだと

      一人酒男女~ホンスルナムニョ 1話・2話 あらすじと感想 コンミョン ドヨン キー

      などがあります。

      それでは今後とも当サイト、また現代版である「韓ドラの鬼」ともども どうぞよろしくお願い致します。

      1. サイト管理人さま

        突然のコメントに丁寧なお返事と良いアドバイスをいただき、どうもありがとうございました
        貼り付けの文字数とか引用とか、そういったことを全く知らないものですから、教えていただいて助かりました
        ではお言葉に甘えて、これからはそういった形であらすじをお借りいたしますね
        marikoさまがSHINeeの大ファンだということも、伺ってとても嬉しくなりました
        marikoさまにもどうぞよろしくお伝えください
        SHINeeのメンバー出演のドラマのあらすじをこちらでアップして下さった時には、また引用させていただきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします
        いろいろと本当にありがとうございました

        1. せいかさまへ

          引用の件、ご理解頂きありがとうございます。marikoさまにも伝えておきます。今後とも当サイト、また現代版である「韓ドラの鬼」ともども どうぞよろしくお願い致します。 

          PS,またそもそも画像を引用・出典はグレーゾーンで「絶対ダメ」や「引用の範囲内なのでOk」と微妙なところです。画像はジャニーズとディズニーは使ってはならないというのは有名です。(せいかさまのサイトは関係ないようですが)削除依頼が来るそうで、無料ブログだと一時的に停止もしくは削除されるようです。

          1. サイト管理人さま

            まぁ!時代劇だけじゃなく、現代版のサイトもあるんですね!
            ありがたいです~
            そちらの方でもお世話になることがあるかもしれませんので、その時にはまたどうぞよろしくお願いします

          2. 有難うございます。ええ、現代版もありますので、そちらの方もどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。