六龍が飛ぶ 40話・41話・42話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

六龍が飛ぶ 육룡이 나르샤 65話ヴァージョン

第40話 あらすじ

ドジョンが描いた新国家構想は、王族を無力化させて政に関与させないというものだった。「新たな国の宰相になってほしい」とモンジュの前でひざまずくドジョン。2人の会話を盗み聞きしていたバンウォンは大きな衝撃を受ける。軟禁されたチョヨンはそんなバンウォンの気持ちを利用し、取引を持ちかける。バンウォンはドジョンの元を訪ね、チョヨンの提案に応じたふりをして無名をおびき出すと宣言する。

http://www.lala.tv/programs/rokuryu/episodelist/

第40話 感想

shironeko20さん

共に歩んでいると思っていたのに、ソンゲを王座という牢につなぐなんて、ソンゲはよくてもファミリーが聞いたら怒るでしょ。バンウォンの受けたショックをチョヨンも見透かしていて、懐柔しようとしてきます。生き残るためですが、無名にとってもいい策です。

ポウンはサムボンを欺き高麗を守り抜くことを決意。心配した王が、ユルラン改めチョク・サグァンを護衛につけます。お互い警護中のバンジとサグァン。そんな風に常時殺気を出してたら疲れそう…。とにかくいずれ対峙する時が来ますね。

かわいそうにバンウォンは寝込んでしまいました。本当にショックだったんですね。でも髪を結い上げて心機一転、動き出します。言われてみれば結婚してるのに髪を下ろしたままでした。今回が分岐点だったことを表すビジュアルの変化です。

サムボンの許しを得て、無名に取り込まれる振りをするバンウォン。真に迫った演技にムヒュル達は感心するけれど、それ本心ですから。嘘に真実を混ぜると騙しやすくなるけれど、ほとんど真実でしたね。チョヨンやソンミが騙されるのも無理ないです。

この状況でもプニを気にかけている優しいバンウォン。母ヨニャンのことをチョヨンに聞きます。ヨニャンは無名でどんな役割なのでしょう?ここまでそれらしい人物が出ていないことから考えると、ヨニャンがあの方って可能性もあるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第41話 あらすじ

バンウォンは、分家して私兵を育て始める。プニを呼び出し、雪の中で戯れるバンウォンだったが、突然涙を見せ、プニに口づけをする。何かを決意した様子のバンウォンを心配するプニだが…。その晩、ヨニャンはバンウォンの前に姿を現す。子供たちが生きていると知ったヨニャンはソンミに怒りをぶつけ、六山を恨む。一方、六山はペク・グンスを殺した者を探すためチョク・サグァンに尾行をつける。

http://www.lala.tv/programs/rokuryu/episodelist/

第41話 感想

shironeko20さん

髪のイメチェンに続いて、分家し私兵も持つようになるバンウォン。指導者にはデホン「師匠」を据えます。ムヒュルがいっぱいいれば心強いですもんね。妻のダギョンはバンウォンを一緒に支えようとプニに言います。いいお嫁さん、政略結婚とはいえもう少し心を開いてあげて欲しいです。

バンウォンはこの先ハ・リュンを従わせると決めます。知略に長けるバンウォンですが、サムボンと別れたら参謀が必要ですからね。そうやって準備をしつつ、弱気になりそうな自分と闘うバンウォン。今のところ父ソンゲにも話せないし、孤独ですよね。プニとの友達付き合いもおしまいに。プニも察したようですね。ラブラブシーンはもう出てこないかも知れません。

まさかと思っていましたが、ヨニャンが無名のリーダー「無極」でしたね。養成機関で育ったとか。組織は新羅善徳女王の時代のヨムジョンが始まりだと判明。ピダムを陥れたあの憎たらしいヨムジョン?!ということは700年以上続いてきたんですね。目的は安定というけれど、まだよくわかりません。

ヨニャンは子供達が死んだと思わされていました。まさか我が子を殺す命令を出していたとは、ブスっ!と刺したくもなりますね。キル・ソンミはヨニャンが好きみたいだけど、あんまりいい人じゃないのかも。バンジが困った顔でヨニャンについて聞いていました。かわいそうだけど、困った顔はもっと見せて欲しいです。

第42話 あらすじ

恭譲王の使いでモンジュの家に向かうチョク・サグァンを批国寺の僧侶がとり囲む。一度はムヒュルに助け出されるも再び襲われるサグァンだが…。一方、土地改革の遅れによって民の不満が爆発する。頭を抱えていたドジョンだったが、土地台帳を燃やすという驚きの行動に出る。その姿を見たバンウォンは改めて敬愛の念を抱き、複雑な気持ちになる。そんな中、プニは山の中で母のヨニャンと再会する。

http://www.lala.tv/programs/rokuryu/episodelist/

第42話 感想

shironeko20さん

土地改革は難航。理想を追うか、中途半端でも始めるか、決めるのは簡単ではないですね。王も苛立ちを見せます。嫌々なったから仕方ないけど、民より自分の対面ですか?サグァンのピンチ!に見えたところをムヒュルが助けます。「桃花殿の夜叉」と呼ばれ反応するムヒュル。イケてる異名がついてよかったですね。プロフィールに書かなくちゃ!サグァンはもう一度襲われますが、サクっとやっつけて息も乱れない。ただ、無名に正体を知られましたね。

現状について訊かれ、わからないと答えるバンウォンに、成長したと言うサムボン。お互い言えない思惑はあるけれど、やはり師弟ですね。そしてサムボンがとった方法は、跳ねる豆と言われたバンウォンも驚くものでした。サムボンが好きだと改めて思うバンウォン。でも、孤独なんですね。今はプニとも距離を置いているし、ムヒュルは単純すぎて無理だし。辛い道を選んでしまいました。

チームプニが解散したところへ、ヨニャンがやって来ます。感動の再会とは違いますね。ヨニャンは、全てを与えてくれた無名のために、子供さえ捨てられる覚悟を持っています。なんだか母と娘ではなく、父と息子の会話のようでした。バンジの方が気持ちは娘っぽい。サグァンといいプニ母娘といい、女子強いなと感じた回でした。

六龍が飛ぶ 43話・44話・45話 あらすじと感想

六龍が飛ぶ あらすじ キャスト 感想   話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

NEW
現在、新サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 に記事を移行中です。キムナムギル主演の名不虚伝などは新しい作品は新サイトにて掲載中です。しばらく韓国ドラマ時代劇ランキングは運営しますが、ブックマークやお気に入りなどは「韓国ドラマ時代劇 あら感」の方を追加して頂ければ幸いです。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。