オクニョ 運命の女(ひと) 第11話・12話 あらすじと感想 キム・ミスク (文定王妃役 )

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

オクニョ 運命の女(ひと) 獄中花(オクチュンファ) 옥중화 全51話

第11話 あらすじ

絶対的権力を持つ文定(ムンジョン)大妃(テビ)に謁見したオクニョ。師であり体探人(チェタミン・密偵)のパク・テスがユン・ウォニョンの差し金で殺されたことを話し、大妃はその言葉を信じる。オクニョは望みを聞かれ、典獄署(チョノクソ・監獄)の茶母(タモ・使用人)に戻してほしいと頼む。そして、大妃は、自分の命に背いたユン・ウォニョンの官職を剥奪し、捕らえるよう命じる。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/okunyo/

第11話 感想

ついに無罪放免となったオクニョ。チェタミンのくだりの流れが長かったが、ここでいったんストーリーは区切り、次の展開へ行きそうな流れ。

オクニョとチ・チョンドクは典獄署へ戻る。チ・チョンドクは署長に怒られるのでビクビクしながら戻る。しかし、思っていた対応ではなく、不思議がる。

この作品、ストーリーがどうのこうのより、非常に魅力的なキャラクターが続々と登場し、荷ぎ合わせるところが非常に楽しい。この作品の現題は「獄中花」。まったく作品名からは想像できない作品内容で、「オクニョ 運命の女(ひと)」という日本題名に変更されたのかな?と思う。

イ・ミョンウは首吊りではなく、だれかに殺害された!?いったい誰にしかもどのように?

キム・ミスク 김미숙 文定王妃役 (中宗の3番目の王妃)
2017y06m11d_152044633
出典:http://www.imbc.com/
生年月日:1959年3月26日
名家の娘ソヒ(2004SBS) ユン氏 チェ・ソヒの祖母
インス大妃 (2011JTBC) チョンヒ王后ユン氏 トウォン君の母
ホジュン~伝説の心医~(2013/MBC) オ氏 ドジの母
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 あらすじ

投獄された朝廷の権力者ユン・ウォニョンを出所させるため、側室のチョン・ナンジョンは驚きの策を着々と進めていた。一方、ユン・テウォンが母と慕う女性の体調が悪化。オクニョは女性の食事に毒が盛られているのではないかと疑う。調べた結果、簡単には手に入らない毒薬が使われたことが分かる。いったい誰が女性を殺そうとしているのか?オクニョとユン・テウォンは黒幕を探すことに。

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/okunyo/

第12話 感想

今回はユン・ウォニョンを出所させる計画で見事作戦成功。捕盗庁(ポドチョン)のユン・シネの婿候補ことソン・ジホンもこれに1枚噛んで、チョン・ナンジョンの言いなりに。

見た目イケメンで捕盗庁の高官なんで、もっと正義感のある人物かと思ったら、なんだ、そっち派なのかよ。とちょっとがっかり。まあ、それは後々のギャップの為の施策ストーリーなのか?

今回、たいしてストーリーは進まなかったのだけどこの作品やはり51話だけあってその辺も考慮してあるのかな?ほぼメインキャスト&サブキャストが登場してくる。このチョノクソの仲間たちはずっと登場してくるのかな?

酒場の女将 ヨジュの甥と姪とかも出てきたけどこのくだりいるのかな?それとも必要な人物として登場してくるのだろうか?と思いながら見ていました。

しかしながら、今回は間置きの回とでも言いましょうか、次回からの新しき展開のへの布石であるかとおもいます。

オクニョ 運命の女(ひと) 第13話・14話 あらすじと感想

オクニョ 運命の女(ひと) (原題:獄中花) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

NEW
現在、新サイト 韓国ドラマ時代劇 あら感 に記事を移行中です。キムナムギル主演の名不虚伝などは新しい作品は新サイトにて掲載中です。しばらく韓国ドラマ時代劇ランキングは運営しますが、ブックマークやお気に入りなどは「韓国ドラマ時代劇 あら感」の方を追加して頂ければ幸いです。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。